明日のテスト

作問をしたいとお願いして回ったのは自分。しかしなかなか取りかかれず、とうとう1日年休で1日で仕上げた。迷惑をかけた。とにかく金曜日の朝、同じ学年を持っている先生方にチェックしてもらった。修正点を持ち帰り土・日で再度作成する。月曜日には採点基準などを打ち合わせて印刷室へ。次の日は病院に行くので最後までやりたい。
さて、今までこの学年を担当していた先生と出題傾向が違う。過去問を配ったが、あまり見てない・・。地元の塾は過去問を配るだろう。そしていつも自分の問題は易しすぎる、といわれる。文章表現がやさしいのか。問題文がストレートなのか。しかし、某市の学習状況調査では答えを二重にしたり、間違え探しをしたり。資料を膨大にぶつけてやる気を削ぐ、などさまざまな方法で難易度を調整している。確かに平易な問題では評価するにあたって差がつかない。しかし資料を素直に読んだり、さまざまな思考方法に挑ませることも大切だと思うのだが、

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック