プリントを配ると生徒はすごい勢いで答えを埋めていく。

これは我々教師側の普段の授業にも責任があるのかもしれないけれど、とにかく生徒は答えを埋めないと気持ち悪いといいながら作業を進めていく。自分で考えながらがんばる方はましな方で、自分のまわりをながめて、答えを埋めているこの答えを写す作業だけの生徒も多い。こうした学習の本質から脱線した生徒を生み出しているのが現在の教育の病理だと思う。しかし、本質的な授業をやるには教師側も生徒側も準備ができていない。時間をかけて考えるという訓練が家庭や小学校でできていない。そういう問いかけをしたとたんに彼らは思考停止するのだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック