開放に行ったらいけないのですか。

地域開放に行って練習することは中学校での練習が足りないときには有効な練習環境であると思う。しかし、そこで「楽しんで」バドミントンをしている人たちと、中学校の競技バドミントンとは違う面があることを理解してほしい。なかなか中学生がそこを切り替えるのは難しいと思うが、肝心の夏の大会で悔しい思いをするのは目に見えている。なかなか練習環境の確保は難しい状況だが、限られた時間や空間を生かしていこう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • バドミントンが好きでたまらない。

    Excerpt: 「開放に行ったらいけないのですか。」について なのに、顧問の先生が型にはめようとする。 きっと、そう思っているのだろう。地道な基本練習に耐えられない生徒もいるだろう。せっかくの意欲を削いでしまってい.. Weblog: 生きていくことはむずかしい racked: 2011-05-16 22:30