NHKスペシャル クジラと生きる を見よう

ヨーロッパ人。特にキリスト教系の人々の物事への寛容のなさは何からくるのだろう。自分の価値観をひたすら押しつけることに対して世界がきしんでいることを彼らはわからないだろうか。物事を勝ちと負けでしか価値判断できないのだろうか。確かに世界を一つの標準にまとめ上げていくことには便利さがあるのだろう。しかし、それゆえのゆがみの構造がある。クジラに対する欧米人の不寛容も度を超えている。異文化に対する介入しすぎである。もっと日本政府の発信を要求したい。
シーシェパードに対してはこの世界から退場してほしい。どのような業界が支援しているか、確認をしてやりたいし、日本の中に裏切り者がいれば許せない。が日本人らしい寛容さを発揮してしまうのだろうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ednakano
2011年05月23日 16:07
お邪魔します。

欧米の鯨類信仰は、ニューエイジ(ヒッピーのほうがわかりやすいか)の流れを汲む新興宗教のようなモンですから、科学的データ無視するし、他国の文化は異教徒の習慣ですから撲滅させないと気がすまない。
日本では「エルザの会」等の怪しげな環境団体や、グリンピースが反捕鯨を支援し、太地以前には伊豆の富戸でイルカ漁を妨害し、地元が妥協してイルカウォッチングに変えたが、採算が取れずに、イルカ漁の再開を申請しているが、この連中が反対運動している。これが、日本での裏切り者といえる団体です。
あとLUSHとコカコーラは親会社がシーシェパード支援していますし、パタゴニアは現在資金は出していませんが、活動を支持しています。
2011年05月23日 20:02
コメントをいただき、ありがとうございます。思いはあるのですが、勉強不足なもので、どのように行動していけばいいかを考えてしまいます。

この記事へのトラックバック

  • 見ての通りです。

    Excerpt: 「NHKスペシャル クジラと生きる を見よう」について 狂信的なキリスト教徒の蛮行は十字軍にも大いに見られます。われわれはそのヨーロッパ的な価値観の中で世界史を学んでいる訳で、もっと本当の意味でグロー.. Weblog: 生きていくことはむずかしい racked: 2011-05-23 19:56
  • 見ての通りです。

    Excerpt: 「NHKスペシャル クジラと生きる を見よう」について 狂信的なキリスト教徒の蛮行は十字軍にも大いに見られます。われわれはそのヨーロッパ的な価値観の中で世界史を学んでいる訳で、もっと本当の意味でグロ.. Weblog: 生きていくことはむずかしい racked: 2011-05-23 20:09
  • 自然教室の牧場体験

    Excerpt: 「NHKスペシャル クジラと生きる を見よう」について 自然教室へ行ってきました。1日目は飯盒炊爨。「火をおこして料理をすることが人類を進化させた」をテーマにカレー作り。最終日、牧場体験。最初にソーセ.. Weblog: 生きていくことはむずかしい racked: 2011-05-28 21:50