年金財形なんて

今日は昼から銀行の営業の人が職場を訪ねてきた。ちょうど、相談事があったのでひとしきりお話をしたところ、パンフレットを出して「ところで年金財形なんていかがですか?」と持ちかけてきた。正直言って、財形に回すお金はない。1ヶ月の医療費が大学病院関係だけで10万円近くの負担となっている現在、収入はそうしたことで即、支出されていっている現状だ。丁重にお断りした。肘の痛みは我慢するしかない。正規の職員として、定年まで全うできる可能性は難しい。そのうちの貯金を食いつぶしていくことになるのだろう。生命保険もいらないものは整理していこう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • そういえば

    Excerpt: 「年金財形なんて」について 12月28日に練習試合を組んでいた学校から連絡があって、その時の非礼をわびた。とにかく、身体の状況が思わしくない方向へ少しずつ進んでいることは自分でもわかっている。足にはむ.. Weblog: 生きていくことはむずかしい racked: 2011-06-01 21:14