関ヶ原

司馬遼太郎の「関ヶ原」の下巻が見当たらないので、文庫本を買ってきてしまった。
「石橋を叩いてもなお渡らない」ような慎重な徳川家康。そして一方、短気な家康の様子も描かれている。
もう一人注目しているのは黒田長政。「軍師官兵衛」では頼りない「不肖の子」として描かれている長政。ここでは父親に負けず、知略を尽くし、調略を施して家康を勝利に導いた一人として描かれている。ところで、その一方で九州では官兵衛が何をしていたかが面白い。この部分を「軍師官兵衛」では描くかを楽しみしています。NHKさんよろしく。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック