歴史小説の壁

我が家では食事の片付けが終わるとそれぞれに本を読み始める。(テレビはつけっぱなし・・・)コミック、ライトノベル、推理小説、写真集など多様にあるが、なぜか歴史小説を読むのは自分一人である。子どもたちはゲームで歴史上の人物には親しんでいるし大河ドラマは見ているようだが、歴史小説には壁があるようだ。小学1年生から司馬遼太郎を読んできたので我が家には歴史小説が山となっているのだが・・・、面白いよ歴史小説!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック