テーマ:バドミントン

バドミントンの中学生初心者練習法

このブログの中では以前にも紹介していると思うけれど、今日デイケアの中でバドミントンの初歩の練習が話題となったので、私の中学生初心者練習法を紹介します。 まずは手投げの「回内回外」を毎日練習する。(3年生になっても毎日一定回数は練習します)次第に打点を上げていってネット前のストレートスマッシュとクロスカットを練習する。次にネット前のプッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

個性派バドミントン

高校時代にバレーボールをやっている時は初心者で159cmしかない自分は無条件で背の高い人がうらやましかった。今ではリベロというポジションがあったのだろう。 ところがバドミントンでは背が高いことは常に有利だとは限らない。むしろ、身長の低い場合の方が、高く打ち上げられたシャトルに上手く回り込めるようになる。また、手足の長い選手にはクリアと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

基礎の基礎から

再び、手紙を発見。本人の了承を得ないまま公開します。 こんにちは。先生には、1年~3年までお世話になりました。 私はバドミントンが全くの初心者で,上手になれるかとても不安でした。 しかし、先生が基礎の基礎まで教えてくれたのでちゃんとした試合をすることができました。 回内回外を毎日の練習で欠かさずヤリ、正直この練習はいらないじゃな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

筋肉痛

「スマッシュが打てない」について 昨日のバドミントンの報いがきている。肩・肘・膝・腰・背中・首・腿・股に筋肉痛。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スマッシュが打てない

今日はみんなで体育館。中川西地区センターではバドミントン2面卓球6面が用意してある。いつもの通りバドミントンを選ぶ。ラケットが6本敷かないので90分間ほとんどシングルス。ただいま腰痛・膝痛でのびている。それにしてもクリア・レシーブは何とか出来るのだが、スマッシュが打てない。スマッシュの打点を忘れてしまったようだ。来月には何とかしたい。
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

うれしい手紙

1通の手紙を発見してしまった。本人の了解がないのだけれど公開します。 こんにちは、2年の時とか部活でとてもお世話になりました!本当にありがとうございました!強化リーグの時、色々アドバイスしてくれて、次にいかせました!!先生がいなければキツかったかもしれないです。練習の時、、反発してごめんなさい。けど、先生の練習、いつも楽しく出来ました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「まっすぐ前を向け」

昨晩、アジア大会バドミントン女子ダブルス決勝で高橋・松友ペアが負けてしまった。第1ゲームはどちらが勝つかわからない接戦だった。これを落とすと、第2ゲームは終始リードを取られ、コンビネーションも少しずつ乱れてくるし、画面からは二人の間にコミュニケーションが不足しているように見えた。マッチポイントで二人がうつむいてしまったとき、自分がコーチ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これがサッカーならばどんな騒ぎ

「疑惑の風」について バドミントンはまだマイナースポーツなのだろうか。これだけの不正を韓国側にやられて抗議もしないのか。スポーツはフェアプレーの上に成り立つものだが、基本から崩されることを韓国は感じないのだろうか。これがサッカーならばサポーターが黙っていないのが見えるようだ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

疑惑の風

アジア大会のバドミントン男子団体予選の韓国戦。男子シングルス。田児選手の試合で第2ゲームと第3ゲームともに向かい風で戦うこととなった。向かい風は選手にとって不利。韓国側が有利になったことになる。風によって微妙に勝敗を分けるスポーツだけに韓国側の不正は許せない。
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

県大会出場に向けて

「県大会出場」について シングルスの戦いを繰り広げていた。顧問の態度は対照的だった。一方は、熱心に声をかけていた。一方は、アドバイスをするのも鬱陶しいような態度をとっている。どちらの選手も基本ができていないで、簡単なことをミスして攻守が入れ替わっている。ところが試合進行は白熱してしまいファイナル20-20から延長へ。結局、勝者と敗者に分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

県大会出場

「明日は市大会」について 市大会の戦績はシングルスが1勝2敗。ダブルスが2勝1敗で、ダブルスが県大会出場を決めた。おめでとう。 思ってみると顧問生活って反省だらけで、納得できた年はないんじゃないかな。それでも顧問生活を過ごせた日々は自分にとって大切なものだ。それが失われてきてわかる。 たまたま以前に顧問をしていた中学校の保護者に出…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

明日は市大会

明日は市大会3日目(男子のシングルス・ダブルス)。前日練習で部員たちはがんばっている。体育館がシャトルでいっぱいになっているのを見て安心した。
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

引退

バドミントン大好きなおじさんを返上しよう。気持ちが落ちている。
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

部活動リレー

体育祭の部活動リレーでバドミントン部の選手たちがラケットをバトン代わりにリレーしていた。時々そういうことが見られるんだよな。すごく、バドミントンという競技を馬鹿にされている気がする。嫌、剣道部は竹刀と防具とかいうのも馬鹿げている。コミカルに演出することで他の競技を小馬鹿にしている。一部の部だけシリアスにやっているとしたら、そういう学校の…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

久しぶりに半日練習

現任校では体育館部活の数が多く(男女別々になっている)、休日も4分割である。今日は珍しく。午後半日に3面とれた。バドミントンショップからコーチも来てもらって男子は練習。女子は練習試合。最初は練習試合をさせてくれといっていた3年生もコーチの上手なノックに次第に気持ちも盛り上がっていく。バドミントンショップによって中学生に教えるコツがきちん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バドミントンが好きでたまらない。

「開放に行ったらいけないのですか。」について なのに、顧問の先生が型にはめようとする。 きっと、そう思っているのだろう。地道な基本練習に耐えられない生徒もいるだろう。せっかくの意欲を削いでしまっている面もあるのだろう。しかし、その生徒の最後まで考えたら、基本を地道に教えるのが、本道だろう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

開放に行ったらいけないのですか。

地域開放に行って練習することは中学校での練習が足りないときには有効な練習環境であると思う。しかし、そこで「楽しんで」バドミントンをしている人たちと、中学校の競技バドミントンとは違う面があることを理解してほしい。なかなか中学生がそこを切り替えるのは難しいと思うが、肝心の夏の大会で悔しい思いをするのは目に見えている。なかなか練習環境の確保は…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

組織ができれば

「もしドラ」が続いている。昨日が組織作り。ここまでが80%。あとは実際に戦うのみ。 バドミントン部の保護者から電話があり、これからの保護者会の動きについて改めて話をしたいと言うことだった。そういう話し合いの中で一つ一つ具体的な話につながることが組織作りにつながる。しかし組織ができるには「信頼」が必要だった。自分が今まで歩んできた学校で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちょっとわかってきた。

1ヶ月間の練習の中で我がバドミントン部のストレスの元が見えてきた。 彼らは学校から帰った後に、開放で地域の人と一緒にバドミントンを楽しんでいる生徒が多いようだ。 だから・・・レシーブがうまい。しかし、身体の横や、後ろで取りたがる。(大人なら力があるからできてしまうのだが) やたらに手首を使ってヘアピンを打ってくる。そのかわりラケット…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この1ヶ月のストレスが・・・

今日の練習ではけが人や体調不良の生徒が見られ、練習態度も重い。スマッシュが浮いている。打球面がしっかりできていない。怠けている訳ではない。1ヶ月間に及ぶ休みのない新しい練習は2,3年生にとってストレスなのだろう。2週続けて試合をやってきて、一応の手応えはあるが、残る2ヶ月は不安なのだろう。しかし、GWは練習の稼ぎ時、今まで遅れてきた分を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

区大会での講評から

「私たちの持っているのは教員免許であって、部活動顧問の免許ではない」について 私たちの区では強いチームがあります。だから3年間やってきても1年生に負けてしまうなんて事もあります。 そこで提案です。 まず、審判技術を高めよう。こうすると試合が引き締まり、やる気も向上します。 次に、初心者向け練習講習会の実施を持ちたいと思います。もう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私たちの持っているのは教員免許であって、部活動顧問の免許ではない

小学校で多少指導されて実績のある生徒が中学校の部活動に入部してくる。中学校の顧問は誰もが専門的な指導技術がある訳ではない。そこで生徒は指導者である顧問を舐める。指導を受け入れなくなる。小馬鹿にするようになる。その時点でその生徒の成長は止まっている。中学校から練習を始めた生徒と一緒に練習を取り組める気持ちがあるならばいいが。 学校は…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

そんなに勝ちたいんですか。

「廊下にポータブルネットを立てて練習してもいいか、ダメか。」について と、若い顧問から言われたけど、勝ちたいのはあなたたちでしょう。確かに今までに見たことのない練習方法が繰り広げられると、不安に思うのでしょうね。それとも私が不安にさせる何かがあるのでしょうか。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スポーツ少年団の功罪

新しい勤務校の地域には古くからスポーツ少年団によるバドミントンが行われていた。中心で行われていた方やコーチの方々の努力もあって優秀な選手が育っていた。すると、そういう生徒のこない中学校で3年間がんばってきた生徒が、1年生に一気に抜かれてしまう。なかなかやる気が育たない選手たちも生み出していた。 そして少年団に子供を送る側も期待はするも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ランキングは変わる

春季バドミントン大会の選手名簿を作成している。3年生はある程度実績があるから問題ないが、2年生はどのようにするか。とにかく校内ランキング順にシングルスから選考した。一応、シングルスの枠が埋まってダブルスの枠を埋めていった。しかし、そこには普段の練習の取り組みとは違うランキングがあった。 たぶん、これはちょっと相手より気持ちが強い生徒、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

廊下にポータブルネットを立てて練習してもいいか、ダメか。

体育館を使用する部活が多種目ある学校では体育館の使えない日の練習の工夫が必要になってくる。そこであらたにポータブルネットを購入して練習を始めたところ、若い先生方を中心に、再検討してほしいとの要望が出てきた。窓ガラスや蛍光灯にラケットやシャトルが当たると危ない。シャトルのゴミが散らかる。 これはどのような練習をイメージしているかよくわか…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

この日の練習こそが3年間の基礎作り

仮入部初日の体育館。1年生に回内とフォアのグリップを教える。こここそが3年間にわたる指導の原点。いちいち生徒と「握手」をしてグリップを教え込む。何度何度も繰り返す。1時間集中して練習したら低血糖の発作を起こしてしまった。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more